素敵な店舗デザインの方法をご紹介!

このサイトではおしゃれな店舗デザインの作り方をご紹介します。おしゃれで落ち着いた空間を演出できるデザインを採用すると、海外のような店舗の雰囲気に仕上げることが可能です。
会社などの内装デザインとしても採用しているところが多く、おしゃれな内装を完成させるにはいくつかのポイントがあります。ポイントを押さえながらワンランク上のデザインを目指すことができるでしょう。
余計な装飾をカットしたシンプルなスタイルだったり、すっきりとした空間を演出することができます。

まるで海外!おしゃれな店舗デザインの作り方

まるで海外!おしゃれな店舗デザインの作り方 海外のお店で見るような店舗デザインに仕上げるにはいくつかポイントがあり、例えばモダンでスタイリッシュなタイプは生活感がないことが特徴的です。
飾り気のない洗練された空間は非日常的な美しさを感じることができ、モダンスタイルは洗練されていながら暖かみがあることもポイントになります。木製や暖色などの家具をうまく配置すると、暖かみのある店舗デザインを演出することが可能です。
いろいろなカラーや素材などを自由に組み合わせて、おしゃれな内装を目指せます。
基本はベースカラーを白に設定することで、白を基調にすると開放感やスタイリッシュ感を演出することが可能です。直線的だったり曲線で構成するのもポイントで、無駄がなくなりすっきりしたフォルムになるでしょう。
開放感や柔らかさを持つ曲線を空間に取り入れると、洗練された印象が強まります。

店舗デザインも考慮して建築を行うメリット

店舗デザインも考慮して建築を行うメリット 店舗デザインは店舗の内装をデザインすることを言いますが、建物を全てを建築するところから店舗を作りたいという場合には店舗デザインだけを取り扱っている会社ではなく、建物を作るとこから総合的に計画していくことが大切です。
建物から店舗を作っていくメリットとしては、建物の外観を含めて内装まで全てデザインできるということがあげられます。全て総合的にデザインしていくことで、自分の理想の店舗を作ることができます。
内装だけではなく外装ともに総合的に考えた方が、頼んだ会社にイメージやコンセプトプランなどが伝わりやすいというメリットがあります。
建築会社の中には、店舗デザインだけではなく外装の施工も両方行ってくれる会社も多いです。規模や状況によって変わってきますが、できだけ外装も内装も一緒に行ってくれる会社を探すことがおすすめとなります。資金面も両方一緒に行ってくれる会社の方が安くなる可能性が高くなっています。
ただし、建物の大きさによっては内装と建物の工事を分離するケースもあるため注意が必要です。建物の大きさや店舗はどのようなデザインにしたいかなどを考えた上で、まずはデザイン会社に相談することが良いとされています。

狭小テナントの店舗デザインをする場合の注意点とは

お店を開く場合にはテナントを利用することが多いですが、この場合比較的狭い所の場合にはデザインを通常モードにするのではなく少し特殊なものにした方が良いでしょう。狭小テナントの場合には、すべてを詰め込むほどの面積がないためかなり絞り込みをかけなければいけません。つまり、必要なものと必要でないものを分けて必要なもののみ詰め込むのが1番といえます。必要なものの考え方は、その店舗の魅力を高めるツールです。例えば、その店舗が飲食店の場合には飲食店の魅力をアップさせるための設備や備品などを用意しなければいけません。
店舗デザインの中でも、なるべくお金のかかるものは避けた方が良いです。限られた面積の中でデザインを行うためには、しっかりとお金をかけるところをかけた方が良いかもしれません。
店舗デザインばかりに注目してしまうと、今度はお客さんが歩くスペースなどが減少してしまいます。あくまでもお客様視点で営業が行われるように工夫することが必要です。

店舗デザインにかかる費用は物件によって異なります

店舗デザインの費用は担当する会社やデザイナーによって異なります。どんなデザインをするのか、付加価値をつけるのかといった細かな要素ごとにも異なってくるでしょう。
一般的な店舗デザインにかかる費用の例としては、居抜き物件を使った小売店なら200万円から300万円程度、エステサロンや美容室なら400万円から600万円程度となっています。エステサロンや美容室の場合も、居抜き物件をしようするかによっても価格は変わってきます。また、飲食店は1200万円以上かかる例もあり、こちらも物件により金額が上下するのが通例です。
どれほど素晴らしい商品を販売していたとしても、その商品を陳列している店が素敵でなければなかなか顧客はつきません。居心地がよく快適な空間の提供は必須とも言えるものでしょう。提供する商品やサービスに合わせた店舗デザインを作り上げることで、店自体の価値や商品のイメージをアップさせることができます。

オンラインで店舗デザインをすることは可能か

最近は、オンラインを使った仕事が増えてきています。今までオンラインで行うことができなかったものでもインターネットを使えば行うことができるわけです。実際に人々は追い込まれた時、初めてそのようなことを知ることになりました。
この点、店舗デザインの場合はどのように考えるか問題になります。店舗デザインは、実際にデザインをする人が店舗の場所に訪れて全体の雰囲気からそのお店にぴったりのものを探していきます。そして、良いものを探すことができたならば、これを設計していくことになるわけです。この場合、インターネットだけで行うことができるか問題になりますが、すべてをインターネットだけで行うのは難しいと言わざるを得ません。やはり、その場所の雰囲気を設計者が感じ取ることがとても重要だからです。しかし、仕事の9割はインターネット上で済ませる事は可能と言って良いでしょう。なぜなら、最初に訪れる時に全体の雰囲気を把握しておけば、その段階で何らかのデザインが思い浮かび、その後は会社内で設計していくことができるからです。

業種別で店舗デザインを考えるためのコツとは

店舗デザインと一言にいっても、さまざまなものがあります。ここでは簡単に業種別の店舗デザインをおこなうコツをご紹介しましょう。
たとえば飲食店の場合は、まず外装にこだわる必要があります。その理由は、行き交う人々にしっかりと店をアピールしないといけないからです。ラーメン店であれば、実際に提供しているラーメンの写真を看板にするのが望ましいでしょう。衣服を扱うところであれば、店内がよく見えるスタイルが好ましいです。ガラス張りにしたり、大きな窓を設ける設計が理想といえます。医療機関だと、外装ではなく内装に重きをおかないといけません。それは患者にとって居心地の良さと安心感を与える場所だからです。このように業種ごとで店舗デザインを変えるには、デザイナーと話をして相談をすることが大切になります。自身が抱いているコンセプトをしっかりと伝えて、そのままの形にしてくれるデザイナーを見つけることで、望んでいた結果を得られます。

おすすめの店舗デザインとはどのようなものか

これからお店をオープンしたい人は、そのデザインに関しても勉強しておくことが必要です。多くの場合、デザインはプロに依頼することが多くなるでしょう。なぜなら、素人が行ったとしても集客に直接つながらずそれが利益にならないからです。もちろんプロ利用することにより、その分お金がかかるかもしれません。しかし、それ以上の時間があるならばプロにお願いをした方が確実といえます。
それと同時に理解しておきたいのは、世の中には時代に合った店舗デザインがあると言うことです。一昔前の店舗デザインをしたとしても、自己満足で終わってしまう可能性があり集客には結びつきません。そこで、一般的におすすめと言われているデザインを採用してみるのが良いです。業者に依頼するならば、時代に合ったデザインをしてくれるところを選ぶ必要があるかもしれません。
この時、業者同士で比較をすることが必要です。それぞれの業者が勧めてくるものでも全く方向性が異なるケースも少なくありません。それと同時に、料金も異なるためいくつかの業者を比較することがより満足度の高い出来につながります。

SNS映えする店舗デザインのために意識すべきこと

新しく店舗を作ろうとしている場合に気にすべきこととしてあげられるのが店舗デザインです。
最近では、SNS映えする写真を撮ることを目的に店舗へ足を運んでいる人も少なくありません。
そのため、映えるような店舗デザインを考えることによってより商品を販売しやすくなります。
この「SNS映え」を狙うためには、店舗で売り出している商品のことを分析することが大切です。
例えば、和風の商品をメインで販売するとなれば、木造の建築にする、といった感覚です。
もしここでメルヘンな店舗デザインを選んでしまったとしたら、商品よりも店舗が目立ってしまいますよね。
そのような感覚で、「この商品を映えるようにしたい」と思ったものをどのような場所で売りたいかを意識することによって、商品に合った店舗デザインを考えることができます。
ただ、何もこだわりのない店舗になってしまうとお客さんは集まりにくくなってしまいます。
それを避けるために、一般的な店舗にはない独創性を生み出す設計にするのもポイントです。

店舗デザインを施す際には居心地の良い空間作りを心がける

店舗デザインを施す際には、居心地の良い空間作りを心がけることが欠かせません。
顧客が滞在する時間が長くなれば、売上に結び付けられる機会が増えていくからです。
立地条件が良かったとしても、入店しにくかったり、長く居られなかったりするようでは、考えるような商機は得られません。
外観だけではなく、間取りや動線を含めた形での店舗デザインが必要なのです。
デザインを施工する会社では、無料で受けられる事前カウンセリングを行ないます。
過去の事例を元にした、適切なカンセリングを施すのです。
店舗デザインを特集するサイトには、様々なデザイン事例が掲載されています。
店内の写真を見ながら、自店に相応しいと感じた場合には、気軽に相談に伺うのが良いでしょう。
店内が居心地の良い空間であることは、リピート率の向上にも繋がります。
安定した売上を計上するためには、店内の雰囲気が良いことは欠かせません。
成功例を参考にしながら、多くの方に来てもらえる店作りを目指しましょう。

店舗デザインを施す際には営業を営むジャンルを意識する

店舗デザインを施す際には、営業を営むジャンルを意識することが欠かせません。
飲食店や物販事業など、業種によって相応しいデザインには違いがあります。
店舗デザインが良いことは、売上を向上させる上では欠かせません。
多数の来訪客を招いたり、リピート率を向上させたりする上では、麗しい店舗デザインであることが大切だからです。
デザインを施工する会社には、事前に受けられる無料カウンセリングを実施するところも少なくありません。
自店に相応しいデザインについてを、予算や施工期間を中心にヒアリングすることが出来るのです。
店舗デザインを施す際には、多方面からの検討を行なうことを心がけましょう。
業種によっては、滞在時間が長い方が多くの売上を導ける場合もあります。
滞在時間を向上させるためには、店内の間取りや動線を意識した上での施工が必要となります。
店舗に必要となる要望をまとめあげた上で、施工に関する相談に伺うのが良いでしょう。

働きやすい店舗デザインを選ぶメリットとは

居酒屋やラーメン店の経営者は、居心地が良くて集客力の増加にも直結する店舗デザインを選ぶのが一般的です。
しかし料理を運ぶなどの接客でスタッフが頻繁に移動するので、店舗のリニューアル時には働きやすさも重視する傾向が強まります。
通路が広くてテーブルなどのレイアウトが機能的な店舗デザインは、働きやすいためにとりわけ注目されています。
飲食店のプロデュースに強い設計事務所に相談すると、従業員が快適に働ける設備のレイアウトプランを提示してもらえます。
また衛生管理をしっかりと行う必要があるので、飲食店の店舗デザインでは掃除のしやすさを重視するのが望ましいです。
更に汚れが付きにくい床材を活用すると、お洒落で機能的な店内空間になります。
快適に仕事ができる店舗では、正社員やアルバイトの定着率も高いです。
したがって頻繁に人材募集を行う必要がなくなるので、働きやすさを重視した内装工事のプランを選ぶメリットは大きいです。

店舗デザインを施工する際には統一感を意識する

店舗デザインを施工する際には、統一感を意識することが欠かせません。
外壁の色合いや、内装に用いる色彩など、全体的な統一性をもたせることが大切なのです。
店舗のイメージは、集客力を高めたり売上に結びつけたりする上では、欠かせない要素となります。
店舗デザインの中には、過去の成功例を元にした、事前カウンセリングを行なうところも少なくありません。
業種や業態別に、どのような施工を施せば良いかを案内していくのです。
麗しいデザインで施工を行えば、メディアで取り上げられることも有り得ます。
新規来訪者を招いたりリピーターを構築したりする上では、店舗デザインが優れていることは欠かせないのです。
店舗デザインの中に、扱う商材やサービスを加えていくのも良いでしょう。
主力商品のイメージをデザイン中に加えていくのです。
印象深いデザインに仕上げられれば、多くの来訪者を招いたり売上を向上させたりすることは、十分可能となります。
統一感を持ったデザインは、売上を高めていくための効果があるのです。

店舗デザインで賞を取るためのポイントとは?

店舗デザインで賞を取るためのポイントは、ただ魅力的なデザインを追求するだけでなく独自性と創造性を表現することが重要です。
他の店舗との差別化を図るために、斬新なアイデアや独特なコンセプトを取り入れることが求められます。
デザインがブランドのイメージやコンセプトと一致していることも、重要な要素です。
店舗デザインは、顧客に視覚的な魅力を与えることも求められます。
カラーコーディネーションや照明・ディスプレイの配置など、目を引く要素を工夫することで賞を獲得する可能性が高まります。
一流の店舗デザインは、機能性と使いやすさも考慮しています。
顧客の動線や利便性を考え、快適な空間を提供するデザインを心掛けましょう。環境への配慮も重要なポイントです。
持続可能な素材の使用や省エネ設備の導入など環境に配慮したデザインを取り入れることで、賞を受賞する可能性が高まります。デザイナーのクリエイティビティと専門知識も、欠かせません。
デザインコンテストや賞の応募を通じて、自身のデザインを評価してもらう機会を探します。
他の優れた店舗デザインを参考にしながら、独自性と魅力を追求していくことが重要です。

照明の選び方やテクニックでつくる店舗デザイン

店舗デザインで照明を選ぶ場合には、明るすぎたり暗すぎるといった調節は電気工事を伴い、費用と労力だけではなく時間も多くかかってしまいます。
最悪の場合は修正不可能となり、1からやり直すことになるので、基礎知識やコツを習得しておくことが大事です。
街にはさまざまな業種の店舗がありますが、せっかく作り上げた内装を照明で台無しにしないように、それぞれの店舗に合ったものを選ぶことがポイントとなります。
飲食店では、入り口やキッチンを明るくなるようにしたり、メニューにスポットライトを当てることを意識します。
アパレルショップなどは、店舗の一番奥の壁を明るくすることや、商品を強く照らすことがポイントです。
店舗デザインをするときに、内装材などには触れることはできますが、光は実際に店舗や内装が完成してからでないと確認できません。
明るさや色温度・適切な器具の選定は、購買意欲を刺激するために重要なので、お客様に気持ちよく利用してもらえる空間の演出を作ることが大切です。

店舗デザインは税金対策にも欠かせない重要事項

お店を開業してある程度年月が経過したら、定期的にデザインや内装を変更するのが一般的です。
耐用年数の期限が迫ってきたら、本格的な改装も視野に入れておかなければなりません。
特にしばらく休業してリニューアルオープンをする場合、集客のためにも店舗デザインにはしっかりとこだわっていきたいです。
ただ店舗デザインの必要性は集客だけでなく、税金対策としても非常に重要なポイントとなってきます。
なぜなら店舗デザインで発生した費用は減価償却により会計処理を行うので、それを経費として計上することができるからです。
償却期間はお店の規模や費用によっても異なりますが、10年から15年くらいが一般的です。
もちろん税金対策になるとは言っても、お金をかけすぎてしまうと赤字になる恐れがありますし、支払いができなくなると元も子もありません。
店舗デザインにかける予算とも相談しながら、どのくらいの費用がベストか検討していきましょう。

空調の効率が高い店舗デザインで得られる相乗効果

店舗デザインにおける空調は店舗に訪れた方が快適に過ごすために必要で、売り上げの向上に貢献するだけではなく安心安全にも関わっています。
もしも不快に感じる空間であれば長時間留まることはせず、一刻も早く立ち去りたいという気持ちになりますが、快適な空間であればいつまでもそこに居たいという気持ちになります。
ここで店舗での滞在時間が長くなることで、商品を眺める時間も長くなり、購買意欲を醸成して商品を購入する前に至る可能性を高めます。
夏場には熱中症のリスクがあり、冬場には体調を崩すリスクがありますが、丁度良い温度の空間を作り出すことでそれらのリスクを皆無にすることが可能です。
そんな空調の効率を高めるためには、作り上げた冷気や暖気が隅々まで届くようにオープンスペースをできるだけ多く作る必要があります。
これならば冷暖房の効率が高まり省エネにも繋がるほか、広々とした解放感がある場所がお客さんを引き付けます。
店舗デザインの工夫次第で、顧客満足度と売り上げを大きく向上させられます。

店舗デザインは有名デザイナーに依頼するようにしよう

少しでも多くの顧客をゲットしたいと考えているなら、一度訪れただけでもまた来たいと思えるようなお店づくりを大切にすることが非常に重要になってくるので、そのような理想的な店舗を実現させたいのであれば店舗デザインを有名デザイナーに依頼するのが最も効果的と言えるでしょう。
ただし、契約する前に有名デザイナーの主な実績などをしっかりと調べて把握しておくことが大切になってきます。
特に有名な店舗デザインを受け持った経験があるのであれば高い信頼性があると言えるので、これまで携わってきた経歴などを調べることだけは絶対にしておくことをおすすめします。
それと、全てのデザインを任せてしまうことも良いことではあるのですが、ちゃんとこちら側の意見も聞き入れてくれる方が話し合いがスムーズにできるので、最初に会った段階からフィーリングが良いかどうか見定めることが必要となります。
これらのことを意識すれば必ず素敵な店舗が完成するので、後はデザイナーのセンスを信じてみましょう。

店舗デザイン関連のお役立ちリンク

大阪 店舗デザイン

新着情報

◎2023/7/25

情報を更新しました。
>店舗デザインで賞を取るためのポイントとは?
>照明の選び方やテクニックでつくる店舗デザイン
>店舗デザインは税金対策にも欠かせない重要事項
>空調の効率が高い店舗デザインで得られる相乗効果
>店舗デザインは有名デザイナーに依頼するようにしよう

◎2022/6/20

情報を更新しました。
>SNS映えする店舗デザインのために意識すべきこと
>店舗デザインを施す際には居心地の良い空間作りを心がける
>店舗デザインを施す際には営業を営むジャンルを意識する
>働きやすい店舗デザインを選ぶメリットとは
>店舗デザインを施工する際には統一感を意識する

◎2021/5/27

店舗デザイン会社は実績が重要
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

どこに依頼する?
の情報を更新しました。

◎2021/1/29

サイト公開しました

「店舗 おしゃれ」
に関連するツイート
Twitter

美味。写真を撮り忘れたが、店舗も街の雰囲気に合わせてありレトロな感じでおしゃれ。 街の雰囲気も味わいつつ、また行ってみたい。

デザインでも工業プロダクトインテリアウェブDTPとか全部全然違うのでわたしに店舗デザインは依頼しないで欲しい(された) 空間をおしゃれにするセンスは皆無だ

返信先:おしゃれ店舗ですね、、 あーーまた食べたです✨

返信先:かなりスモーキーな香りで大人っぽくて、おしゃれなお香を燻したような、そんな匂いです! 甘さゼロではなく、ほんのりおしゃれな感じですかね😂 売ってる店舗は全種類匂い試せました!

返信先:こんにちは🏨🏃‍♀️ 大阪の店舗おしゃれで魅力的ですね🥰調べてはトリップ気分を味わってます✨ 今週もよろしくお願いします!